専門店にフットサルユニフォームの作成を頼もう|ネット注文がお勧め

コンテンツ一覧

おしゃれを楽しむ人が急増

作業員

トレンドは超超ロング

上半身用の鳶服には、ジャケットやトビシャツやベストなどの種類があります。ジャケットにも作業着風、ブルゾン風などさまざまなタイプがあり、最近のトレンドはライダースジャケット風です。短めのスタンドカラーや胸ポケットや袖口に配置された金属製の大きな釦がアクセントとなっています。鳶服のジャケットは、どれも袖口が絞られているのが特徴で、胸ポケットには筆記具を挿しておける穴があいており、サイドポケットなどの収納も充実しています。トビシャツは、寒くないときはジャケット代わりにもなる襟付きのシャツです。前身頃を釦で留めるようになっており、釦とジッパーの両方がついているトビシャツもあります。トビシャツの下には、夏は半袖Tシャツ、冬はハイネックのロングTシャツなどを着て温度を調節するのが一般的です。ベストは、春や秋などの季節の変わり目に活躍することが多く、ポケットがたくさんあるので小物の収納に便利です。下半身用の鳶服は、ニッカボッカともよばれる、膝から下の部分が末広がりになっているパンツです。シルエットがゆったりとしているため、足の上げ下げにストレスがないのが特徴です。以前は、七分丈が主流でしたが、時代が進むにつれて八分丈、超ロング、超超ロングが登場して、若い世代に人気となりました。現在では、超超ロングの鳶服が最もポピュラーになっています。昔は、鳶職の足元は鳶足袋というのが常識でしたが、現在は鳶足袋に代わって鳶職用の安全靴を履く人も増えてきました。鳶足袋は軽くて滑りにくいので、高所作業には最適なシューズです。一方の安全靴は足元の保護能力が高く、どんな現場にでも対応できる柔軟性の高さが魅力です。

おすすめ記事一覧

革

レザークラフトを作ろう

レザークラフトは、革のはぎれや身近にある道具で初心者でも簡単に作ることが可能です。しかも作り方のネットや本で情報収集できるので、それほど面倒なことをせずに出来のいいレザークラフトを作れるでしょう。また少し手の込んだ物でも、百円ショップでパーツを購入できるのでコストや手間がかなり抑えられます。

スポーツ

注文する際の注意点。

フットサルユニフォームを作る際には気を付ける点がいくつかあります。公式戦で着用する場合には、日本サッカー協会によって決められている細かな規定があるので、業者に注文する前に相談をしてオーダーをするのが良いと思います。

作業着

動きやすい作業着

鳶服は鳶職人が作業時に着る服のことを指し、ズボンはニッカポッカや七分ズボンです。既製品を購入して作業をする方も多いですが、作業着にこだわりのある方やベテランの方はオーダーメイドで使いやすい鳶服を作り仕事をしています。

手芸用品

レザークラフトするなら

自分の希望通りのファッションアイテムを作れるとしてレザークラフトを始めたいという人にとって気になるのが、どのようにして始めれば良いかということです。材料である革は牛革であれば1デシあたり100円からとなっていますので、初心者の場合にははぎれを使って小物作りから始めるのが良いでしょう。